“デザイン界のオスカー”「iF デザインアワード 」最優秀賞「iFゴールドアワード」 を受賞!

April 1, 2019

 

3月15日ドイツ・ミュンヘンのBMW Weltにて、穴織カーボン株式会社(大阪府茨木市)は カーボン無水調理鍋はANAORI CARBON POT DISC (カロッツェリア・カワイ(株)デザイン)で世界三大デザイン賞の一つ「iFデザインアワード2019」において、最優秀賞である「iFゴールドアワード」を受賞しました。世界各国からの6,375件を超える応募の中から、66件にのみ最優秀デザインとして「iFゴールドアワード」が授与されます。中でもキッチンウェア・テーブルウェア分野のゴールドは3品のみ、本品は2019年世界トップ3の栄誉を獲得いたしました。

  

審査員の評価コメント 

精密さの極み。カーボンポットDISCは本体と蓋が完璧にフィットし、カーボン素材の特性が熱拡散を最大限にしている。素材のイノベーションに美感と機能性を掛け合わせることで、厳しいデザイン原則を満足させているプロダクトである。

 

※iF Design Awardについて

 1953年からバウハウスに代表される近代デザイン発祥の地ドイツで始まった、世界で最も権威ある国際的な賞の1つ。 「International Forum Design GmbH」主催のもと、審査ではさまざまな分野の製品を対象に、デザインの独創性・造形美を最優先評価項目とした上で、革新性・機能・使いやすさ・品質・価格・環境への配慮等といった商品価値の総合力が評価されます。

 

「プロダクト」についての詳細は、iFの総合デザインポータルサイト

 iF WORLD DESIGN GUIDE の「Design Excellence」にてご覧いただけます。https://ifworlddesignguide.com/search?search=anaori

 

授賞式は3月15日、ドイツ・ミュンヘンのBMW Weltにて2000人(40カ国)を超えるゲストが集まる中で盛大に行われました。デザイナー・アートディレクターの川合辰弥・プロジェクトマネージャーの西村太一が授賞式に出席し、フェラーリ社やBMW社といった世界の名だたるラグジュアリーブランドと肩を並べる形で評価され表彰されました。

 

 

宇宙開発にも使われる炭素99.9%の工業素材から生まれたANAORI CARBON POT「ANAORI CARBON POT DISC」
 
世界初のカーボン無水調理鍋アナオリカーボンポットの、常識を覆す美味しさのメカニズムである革新的な“CARBON HEAT TECHNOLOGY”。鉄鋳物鍋の3倍となる熱伝導、そして超肉厚構造を誇る、カーボングラファイトで、料理時間を短縮しながら、本格レストラン並みの火力を再現。内側からは鉄鋳物鍋の5倍となる遠赤外線効果、外側からは高密閉・楕円構造による優れた蒸気対流により、同時に熱を伝えることで、食材本来の旨味を最大限に引き出し、様々な食材の旨味を調和します。

 

プロのシェフの監修より「この形が欲しかった」を実現したANAORI CARBON POT『DISC』!

 

カーボンならではの高い遠赤外線効果と、 優れた熱拡散性により広い底面でも加熱ムラがない本格的な仕上り。具材を炒めやすく、パエリア等は蓋ができて旨みを凝縮させることができ、たいへん美しい焦げ目ができあがります。

 

デザインはレコードディスクからのインスピレーションで、食材の旨味を凝縮しながら音楽のようにハーモニーを奏でることをイメージしています。

 

●(餃子) 熱伝導が良く、パリッとジューシーに焼き上がり、端までまんべんなく綺麗な焼き色が付く。保温性が高いので、鍋ごと食卓に出せば、アツアツを長く楽しめます。

 

 

【 Size&Spec 】
●Color :JAPAN BLACK
●外径:31cm ●高さ:9cm ●重さ:3.4Kg 
●素材:カーボングラファイト ●内面:セラミックコート
●外面:耐熱塗装
●熱源 : ガス直火・IHクッキングヒーター・他対応

 

 

Please reload

特集記事

世界三大デザイン賞の最高賞をダブル受賞の快挙達成!「iF Design Award 2019」最優秀賞 「iF GOLD Award] 「 red dot award 2019」最優秀賞「best of the best」キッチンウェア・テーブルウェア部門で世界最高評価。

April 4, 2019

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ