2021年10月1日 販売開始 「入れて安心のインテリア」“STRANGE STORAGE” SULKUM第二弾リリース (大同至高株式会社の新ブランド構築事業)







大同至高(だいどうしこう)株式会社(愛知県名古屋市守山区)は、新自社ブランド事業を立ち上げるため、製品デザイン・ブランドプロデュースを、カロッツェリア・カワイ株式会社に依頼。「SULKUM(スルクム)」を2021年5月15日に立ち上げ、86年の業歴で培った、愛知ブランド認定の自社の印刷・製造技術を活かし、クラフトの要素を組み込んだ、新しいファッション・ライフスタイル・ギフトアイテム等を展開。


特別な99%抗ウイルス素材を使用した 待望の第二弾

2021年10月1日 より販売開始

「入れて安心のインテリア」“STRANGE STORAGE(ストレンジ ストレージ)”

13商品(カラーバリエーション含む)をラインナップ



SULKUMについて


SULKUMは大同至高株式会社のコア技術である「刷る」「組む」を語源としたブランドです。

それらの技術を活かして抗ウイルスをメインとした機能性とデザイン性を重視し、クラフトの要素を組み込んだ新しいファッション・ライフスタイル・ギフトアイテム等を展開しています。


SULKUM ブランドサイト  https://www.sulkum.jp



STRANGE STORAGE について


「入れて安心のインテリア」をキャッチフレーズとした、“小物整理と同時に菌を減少できるストレージ”です。 アリゾナシリーズ×7モデル・カリフォルニアシリーズ×6モデルのバリエーション。大同至高の特別な印刷技術による、99%抗ウイルス素材で仕上げた〈STRANGE STORAGE〉は、外部から持ち帰ったモノを安心安全に保管。大切なものを手ごわいウイルスから守ります。パッケージはレコードジャケットのテイストをイメージし、そのままインテリアとしても楽しめます。

抗ウイルスの安心と、ちょっとした時間で組む楽しさ、日常使いできる便利さの3要素が揃ったSULKUMは、大切な方への「安心ギフト」にも最適です。






抗ウイルス素材を使用してあり、ストレージと中に入れた物の密着した面のウイルスを約4時間で99%減少します。**


*抗ウイルスインキ加工でSIAA承認【承認No.JP0612423A0002V】

*抗ウイルス・長寿命・耐久性・将来的な持続性にも大きな貢献ができる素材  


●美観へのこだわり

 透明感を上手く生かした理想的なカラーバランス、素材が重なり合った際の色合いも検証を重ね、熟練の印刷技術で美し 

 さを追求しています。


●素材へのこだわり

 丈夫で手ざわりも良いPVC 素材を特注で製造しています。


●形状へのこだわり

 美観も意識しながら老若男女誰でも編みやすく、付属品も一本の紐のみ。且つ最小限の編みで丈夫になるように工夫しま

 した。


●衛生へのこだわり

 自社配合の抗ウイルスインキで、独自の衛生環境アイテムを製造しています。


パッケージに入ったパーツを自分で組み立てて楽しむ



大切な人たちと、手作りの時間を楽しみたい。込めるのは愛情、湧くのは愛着。


ストレージの側面にある直径4㎜の穴にスエードコードをジグザグに通していくだけの簡単な組み立てで、

ストレージが作れます。




STRANGE STORAGE

ー組立動画ー *つぼみ型*(YouTube)


 https://www.youtube.com/watch?v=OfbQbQDH-Y8


上記URLで視聴可能です。YouTubeの検索窓で「スルクム」で検索からアクセスできます。


環境配慮


■多くのプラスチック素材は、石油を100%の原料としているのに比較して、SULKUM で使用しているPVC(塩化ビニル   

 樹脂)の原材料の約6 割は、海洋に豊富に存在する天然の塩に由来する塩素で組成されています。有限の石油資源の節約   

 に大きく貢献している材料を使用しています。


■弊社が行っているUV印刷方式は、VOC(揮発性有機化合物)の発生のない印刷方式で製造しています。


■大同至高では、太陽光発電システムを導入し、太陽光発電で発電した電力を工場内で利用しています。再生可能エネルギ

 ーである太陽光発電の普及促進を通じて持続可能な社会の実現に貢献し、二酸化炭素(CO2 排出量)の削減にも貢献し 

 ています。


■大同至高の製造工程で出たPPの廃材は分別回収され、委託した契約業者様でシートを粉砕し再生パレットとして加工されて 

 います。また、PETやポリカなどの印刷資材は別の契約業者様に委託し、燃料として再利用(リサイクル)していただいて、

 環境負荷の低減に貢献しています。



特集記事