KYOTOH_COFFRRWARE_CATALOG20211008FIX.jpg
iF DESIGN AWARD 2022_l_RGB_jpg.jpg

『 KYOTOH  COFFEEWARE』 は“デザイン界のオスカーと”称され、世界三大デザイン賞の一つとされる ドイツの国際デザイン賞 『iF Design Award 2022』を受賞しました。

世界的なコーヒーブームよりトレンドは定着しており、あらゆるコーヒーウェアの需要が増す中で KYOTOHのブランドコンセプト「土から暮らしを考える」より使い易さと機能性を追求し デザインコンセプトの「アートのあるシンプルな暮らし」より、日常に使えるアートの要素を組み込みながらシンプルに体現し、柔らかさとシャープさを兼ねた陰影の美しさと、フレンドリーなスタイリングが評価されました。

MAIN-IMAGE2.jpg

愛着の湧くフレンドリーなフォルム

デザインコンセプト「アートのあるシンプルな暮らし」をもとに、建築的な陰影の美しさ、シルエットの美しさ、シャープさと柔らかさを兼ね備えた愛着の湧くフレンドリーなフォルムに拘り仕上げました。

FRESH WHITE (フレッシュホワイト)

FRESH-WHITE-SET-(1).jpg

ROAST BLACK(ローストブラック)

ROAST-BLACK-SET.jpg

CAPPUCINO BEIGE(カプチーノ ベージュ)

CUPUCCINO-BEIGE-SET.jpg

OLIVE GRAY (オリーブグレイ)

OLIVE-GRAY-SET.jpg

SERVER & POT

どのような手の大きさの人でも片手で持ちやすいようにハンドルの形状・サイズ感を工夫。通常陶磁器のポットのハンドルは上下二点留めとなり、電気ケトルのような 上側だけの 一点留めを実現したのは技術力の賜物。蓋の精度 、口が 注ぎやすく垂れこぼしにくい 拘り抜いた 形状や加工。

¥3,300  φ100 x H140 mm / About 640g / 800ml

SERVER_POT-(1).jpg

DRIPPER

ステンレスと紙の両方のフィルターに対応。フィルター形状はスタンダードな台形から円錐形の両方に対応しているため、一つで濃いめ・軽めのコーヒーを 2WAY で楽しめる。

2CUPS ¥1,980  φ94 x H76 mm / About 210g

DRIPPER_SMALL-(1).jpg

4CUPS ¥2,750  φ122 x H92 mm / About 380g

DRIPPER-LARGE-(4).jpg

CUP

何度も試作を繰り返し、コンパクトに見えて容量に余裕がある形状とハンドルの持ちやすさ・心地よさを追求。

MUG CUP ¥1,320  φ70 x H80 mm / About 260g / 300ml

MUGCUP-(4).jpg

DEMI CUP ¥880  φ50 x H55 mm / About 90g / 120ml

DEMI-CUP-(2).jpg

CANISTER

市販のコーヒー200 gが丁度入る保管しやすいサイズ。 密閉性のよさ、手にしっくりくる 持ちやすい形状と容量を工夫。

¥2,200  W115 x D70 H135 mm / About 400g / 600ml

CANISTER-(3).jpg

TEA SET

YUNOMIと組み合わせれば、ティーセットに

TEA-SET-OLIVE-GRAY.jpg
TEA-SET-BLACK.jpg

KYOTOH ブランドコンセプト

“土から暮らしを考える"


KYOTOHは 1300 年の歴史を持つ日本屈指の焼き物生産地「美濃焼き」の岐阜県多治見市で、メーカーとして 70 年以上の業歴を持つ、京陶窯業株式会社の新しいブランドです。この生産地の他にない最大の特長は、原材料の「土」を採掘する山があり、基本の「土」から根本的に暮らしに役立つプロダクトを研究できる環境です。その優れた土壌を最大に活かし、長年培った「経験」「技術」「発想」「手間暇」「デザイン」より、調理器具、食器、インテリア、植栽用品等、上質な暮らしを彩るプロダクトをご提案します。

KYOTOH デザインコンセプト

“アートのあるシンプルな暮らし”を提案。シンプルでありながら、アートのエレメントを五感で味わえる。暮らしに、さりげなくアートを取り入れられるプロダクトとは、そうある
べ きと考えました。KYOTOH はそのテーマを実現する、絶妙なバランスを追求します。

環境配慮

KYOTOHの製品は、京陶窯業株式会社の地球環境に優しい特別技術によって作られます。

ローラーハースキルンでの製造により、焼成時間が通常の1/5 に短縮できるため、大幅なエネルギーの節約ができ CO2 の排出量を低減しています。またそれは不良率が少ない資源の無駄のない生産工程です。お客様には低コストで高品質の商品を提供することができます。